オンデマンド出版社 オンブック
既刊本

amazonで購入
この本を誰かに教える この本についてつぶやく
地活な人々 こころ豊かに地域活性化
三井不動産S&E総合研究所 編
一般書籍
  • 価格   2200円(税抜)
  • ジャンル ノンフィクション
  • 仕様   A5判/256ページ
  • 発売   2009年4月発売
  • 発行   オンブック
  • ISBN978-4-86360-007-2 C1000

・「注文する」ボタンを押すと、販売サイトbooknestへ移動します
・booknestのご利用には会員登録(無料)が必要です
内容紹介
三井不動産S&E総合研究所は、ゲートシティ大崎の講座MOCを中心に、地域のキーマンをまねき、ユニークな取り組みを紹介してきた。

世界遺産、秋田、白神山地がもたらす命の連鎖をとらえた映画「白神の夢」プロデューサー、ローマ法王献上米をつくる神子原地区の人たち、杉の間伐材を世界に通用するバッグに変えた有名デザイナー、出会った人を歌に織りこむウクレレ漫談歌手・・・誰もが地域活性などと気負わず、その土地の人と風土に惚れ込んで夢をかたちにした。

あるキーマンは言う。地域活性ではなく、コミュニティ再生なのだと。まちを元気にするのはシステムではなく人! 豊富な資料と、インタビューで紹介する地域活性シリーズ第一弾。
目次より
第一章 まちを元気にするキーマン(インタビュー)
 「限界集落からの挑戦 石川県羽咋市」
   羽咋市役所1.5次産業振興室 高野誠鮮さん
 「ミタテのデザイン 高知県馬路村」
   プロダクトデザイナー 島村卓実さん
 「映画『白神の夢』と八森町のそれから 秋田県八森町」
   「白神の夢をつくる会」代表 山下 勉さん
 「地域づくりの仕掛け人 北海道十勝」
   場所文化プランナー 後藤健市さん
 「ご当地ソングが広げる輪 佐賀県佐賀市ほか」
   ミュージシャン 藤井康一さん
 「30代がつくったかまどカフェ 滋賀県安曇川市」
   ブルーベリーフィールズ紀伊國屋 松山剛士さん

第二章 映画とまちづくり(インタビュー)
 ○映画と地域の幸せな関係
 「熊本を日本一の映画のまちに」 黒川裕一さん
 「“まち”をまるごと映画にする! 目指すはまちづくり日本一!
 『降りてゆく生き方』」 森田貴英さん
 「ここは夢が叶うまち・にいがた」森 太熊さん
 ○事例研究1 シアターキノ(札幌)
 ○事例研究2 山形ドキュメンタリー映画祭
 ○事例研究3 八丈島フィルムコミッション

第三章 まちに想う まちを想う(寄稿)
 「ブログの力を借りて蘇った“幻”の八戸鯖」 亀田武嗣
 「Tシャツが結ぶ人の縁、まちの縁」 久米信行
 「世界に通用する日本酒を地域から発信する」 松崎晴雄
 「地域活性化に思うこと〜湯河原より」 田口ランディ
 「ヒルズからは見えない青山・西麻布〜
   都会の隠れ家に見る地域性・人・飲食文化〜」 相川 藍
 「地域の連帯感と和を背負う〜深川八幡水掛祭り〜」 ゆはらきみこ
 「結びつきの音楽『ガムラン』」 櫻田素子
 「ノマド(遊牧民)のJターン起業〜
   ネットが可能にした地域と企業の新しい関係〜」 田原洋
 「地域にも人間にも癖のある生き方を」 佐伯 剛
 「超高層ビルの空遠く〜中央と地方との存在意義について〜」 橘川幸夫
 ○取次ニッパンがプロデュースする地域検定 橘川幸夫
 ○地方の国立大学や自治体と手を組み、大手旅行代理店が取り組む生涯教育とは?
  「シニアカレッジ」に見る地域との交流! 本間義信さん(インタビュー)

第四章 文化財でまちおこし
 文化財でまちおこし〜自然景観・動植物景観〜
 偉大なまちおこし資源「文化財」 瀧山幸伸

著者紹介
編集:三井不動産S&E総合研究所
「人―。 人がいて、街がある―。」を基本理念に、日常の不動産業務から一歩離れた自由な発想に基づく調査研究を通じて、新たな価値創造を促す斬新でユニークな情報発信を目的に活動しています。

編集統括:瀧山幸伸
まちづくり、まちおこしの調査研究を行うかたわら、ボランティア活動として、日本の自然と文化をハイビジョンなどの高画質ビデオで国内外に無料配信する「JAPAN-GEOGRAPHIC.TV」を主宰。坂学会・副理事長。
この本もおすすめ


オンデマンド出版社 オンブック